逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
痴漢事件で逮捕されたらATOM

痴漢で警察沙汰になった時

何をどうすればいい? 逮捕されたらどうなる?
刑務所行きになってしまう? 被害者と示談できないか?
bengoshi_p1

痴漢事件でお困りですか?

はじめまして。アトム法律事務所の代表弁護士の岡野武志と申します。このページをご覧の方は、何らかの形で痴漢事件に関与してしまってお困りの方だと思います。

慣れないトラブル、警察沙汰で困惑されていると思いますが、もう大丈夫です

● 不起訴で前科がつかない理由

痴漢事件で警察沙汰になってしまっても、不起訴で終われば、ご相談者に前科は絶対につかないので安心です。なぜなら、前科とは過去に有罪判決を受けた事実のことをいうのであり、警察沙汰になった事実をいうのではないからです。

警察沙汰になってしまっても前科がつかない場合がある。まずはこの点をしっかりと押さえておく必要があります。

前科をつけない方法はこれだ

それでは、前科をつけないためにはどうすれば良いのでしょうか?一般的な痴漢事件において前科をつけない方法は大きく2つです。1つは、被害者と示談をする方法、もう1つは容疑を否認する方法です。

まず、痴漢をしてしまった場合でも、被害者と示談が成立すれば、ほとんどの事件が不起訴処分で終了します。弁護士がつけば、被害者の連絡先を入手できるケースが多いので、身元が分からない被害者との示談交渉もスムーズです。

また、痴漢に身に覚えのない場合は、容疑を否認して不起訴を狙いましょう。アトム法律事務所では、過去に痴漢事件の刑事裁判で無罪判決を獲得した例もあります。容疑を否認して不起訴で終了するケースも多いです。

● 逮捕されてもすぐ釈放!?

痴漢の容疑でご家族が警察に逮捕されてしまった場合は、直ちにアトムの弁護士までご連絡ください。お近くの事務所で無料相談に対応することができます。またLINEで弁護士に無料相談であれば、24時間体制で無料相談を受け付けています。

痴漢事件は、正しく対応すれば、逮捕されてもすぐ釈放されるケースが比較的多いです。逮捕が長引く前に、アトムの弁護士までご連絡ください。

痴漢事件でお悩みならお電話を

解決事例とお客様の声

無料相談から解決の流れ

痴漢事件の解決は、時間との勝負です。なぜなら、早いタイミングで弁護活動に着手すればするほど、被害者との示談交渉に時間を割くことができ、また留置場からの釈放に向けた活動も功を奏することが多いからです。弁護士への相談をだらだらと引き伸ばして得することはありません。

アトム法律事務所であれば、24時間体制で無料相談を受け付けています。LINEで弁護士に無料相談のサービスに登録すれば、ご自宅から何度でも、痴漢事件に関する無料相談を受けることができます。回答は弁護士が直接行うので安心です。

また、ご家族が逮捕されている方は、アトムの無料相談をご利用できます。事務所での相談をご希望の方は、フリーダイヤルまでお電話ください。専属のスタッフが親身に対応いたします。その際、ご家族が逮捕されている旨を伝えると、優先的に無料相談の予約を取ることができます。

弁護士による弁護活動をご希望の方は、その旨を相談を受けた弁護士にお伝えください。活動に着手する前に、弁護士費用のお見積りを作成し、委任契約書にサインをいただきます。事前に弁護士費用の概算が分かるので、依頼をする際も安心です。

弁護活動の着手は、ご契約をいただいた即日から可能です。特に、被害者との示談の話し合いはタイミングが命です。早い段階で着手し、話し合いをスムーズに進めていくことが大切です。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

痴漢で警察沙汰になった時

何をどうすればいい? 逮捕されたらどうなる?
刑務所行きになってしまう? 被害者と示談できないか?
bengoshi_p1

痴漢事件でお困りですか?

はじめまして。アトム法律事務所の代表弁護士の岡野武志と申します。このページをご覧の方は、何らかの形で痴漢事件に関与してしまってお困りの方だと思います。

慣れないトラブル、警察沙汰で困惑されていると思いますが、もう大丈夫です

● 不起訴で前科がつかない理由

痴漢事件で警察沙汰になってしまっても、不起訴で終われば、ご相談者に前科は絶対につかないので安心です。なぜなら、前科とは過去に有罪判決を受けた事実のことをいうのであり、警察沙汰になった事実をいうのではないからです。

警察沙汰になってしまっても前科がつかない場合がある。まずはこの点をしっかりと押さえておく必要があります。

前科をつけない方法はこれだ

それでは、前科をつけないためにはどうすれば良いのでしょうか?一般的な痴漢事件において前科をつけない方法は大きく2つです。1つは、被害者と示談をする方法、もう1つは容疑を否認する方法です。

まず、痴漢をしてしまった場合でも、被害者と示談が成立すれば、ほとんどの事件が不起訴処分で終了します。弁護士がつけば、被害者の連絡先を入手できるケースが多いので、身元が分からない被害者との示談交渉もスムーズです。

また、痴漢に身に覚えのない場合は、容疑を否認して不起訴を狙いましょう。アトム法律事務所では、過去に痴漢事件の刑事裁判で無罪判決を獲得した例もあります。容疑を否認して不起訴で終了するケースも多いです。

● 逮捕されてもすぐ釈放!?

痴漢の容疑でご家族が警察に逮捕されてしまった場合は、直ちにアトムの弁護士までご連絡ください。お近くの事務所で無料相談に対応することができます。またLINEで弁護士に無料相談であれば、24時間体制で無料相談を受け付けています。

痴漢事件は、正しく対応すれば、逮捕されてもすぐ釈放されるケースが比較的多いです。逮捕が長引く前に、アトムの弁護士までご連絡ください。

痴漢事件でお悩みならお電話を

解決事例とお客様の声

無料相談から解決の流れ

痴漢事件の解決は、時間との勝負です。なぜなら、早いタイミングで弁護活動に着手すればするほど、被害者との示談交渉に時間を割くことができ、また留置場からの釈放に向けた活動も功を奏することが多いからです。弁護士への相談をだらだらと引き伸ばして得することはありません。

アトム法律事務所であれば、24時間体制で無料相談を受け付けています。LINEで弁護士に無料相談のサービスに登録すれば、ご自宅から何度でも、痴漢事件に関する無料相談を受けることができます。回答は弁護士が直接行うので安心です。

また、ご家族が逮捕されている方は、アトムの無料相談をご利用できます。事務所での相談をご希望の方は、フリーダイヤルまでお電話ください。専属のスタッフが親身に対応いたします。その際、ご家族が逮捕されている旨を伝えると、優先的に無料相談の予約を取ることができます。

弁護士による弁護活動をご希望の方は、その旨を相談を受けた弁護士にお伝えください。活動に着手する前に、弁護士費用のお見積りを作成し、委任契約書にサインをいただきます。事前に弁護士費用の概算が分かるので、依頼をする際も安心です。

弁護活動の着手は、ご契約をいただいた即日から可能です。特に、被害者との示談の話し合いはタイミングが命です。早い段階で着手し、話し合いをスムーズに進めていくことが大切です。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

twitter-timeline

Copyright © Takeshi Okano All Rights Reserved.